恋愛

「もっと話したい」と言う男性心理は?男性から言われた時の返し方解説!

「もっと話したい」と言う男性心理は?男性から言われた時の返し方解説!


「もっと話したい」と男性から言われたら、嬉しいですよね。

ですが、その言葉は何を意味しているのか気になってしまう女性も多いはずです。

男性のことを意識していなくても、私のこと好きなのかも・・・と気になってしまいますよね。

また、相手が好きな男性なら、さらに期待もしてしまいます。

女子を困惑させる、男性心理を解説します。

本記事では、以下についてお伝えします。

  • 「もっと話したい」と言う男性心理は?
  • 男性から言われた時の返し方解説!


それではいってみましょう。

「もっと話したい」と言う男性心理は?

「もっと話したい」と言ってくる男性心理、気になりますよね。

期待してもいいのでは?と思ってしまうけれど、それ以外にも言う理由はあるのでしょうか。

言葉の裏に隠れている、男性心理をお伝えします。

  • 好意を持っている
  • 仲良くなりたい
  • 一緒にいて楽しい
  • 体目的

好意を持っている

好意を持っている相手へのアプローチという心理が、一番考えられます。

まだ「好き」と言う勇気はないけど、あなたに「私のこと気になってるのかな?」と気づいてほしいという思いが隠れているかもしれません。

同時に「もっと話したい」と言ったら、あなたはどのような反応をするを見ている可能性もあります。

あなたの反応により、ただの友達、少しでも好意を持ってくれてるかも、自分に興味がないなのかを、勘がいい人はわかってしまうかもしれません。

あなたが相手の男性に好意を持っているのであれば、照れずに自分の素直な気持ちを伝えてあげてください。

仲良くなりたい

友達として、人として、あなたと仲良くなりたいと思っている場合もあります。

今後、仲のいい友達止まりになるか、仲良くなりあなたのことを好きになるかはわかりませんが、どちらも可能性はあります。

「もっと話したい」という言葉を、好きな女性以外にも伝える男性は、素直に自分の気持ちを言える人なのでしょう。

または、女性に対して不誠実な対応をしている人であれば「もっと話したい」の言葉には深い意味はないかもしれません。

そのような人は、女性に対して常に、都合のいいような言葉を言ってる可能性が高いです。

一緒にいて楽しい

あなたと一緒にいて楽しい!と思ったときに、自然に出た言葉かもしれません。

あなたの話がおもしろい、または自分の話を真剣に聞いて寄り添ってくれる、共通の趣味の話をするのが楽しい、とあなたといる時間を純粋に楽しんでいます。

あなたに好意を持っていなくても、あなたと一緒にいる時間が楽しいと思ってもらえたら嬉しいですよね。

体目的

「もっと話したい」と言われたシチュエーションが夜だったり、夜ご飯を食べて帰る間際だったりした場合、あなたの体目的の可能性もあります。

終電を逃してしまうと、男性の家で飲み直そうと誘われたり、ホテルに誘われるなんてこともあるでしょう。

もし、体の関係を持ってしまっても、体から始まる恋もあるのであなたの行動を否定はしません。

ですが、流れで関係を持ってしまった、というのは避けてほしいです。

一度、自分の気持ちを確認してから、行動に移してください。

「もっと話したい」と言われたら脈あり?

結局脈ありなの?と聞きたくなりますよね。

「もっと話したい」と言われた場合、人としてあなたのことに好感を持っているのは間違いないでしょう。

ですが、お伝えした男性心理の中でも「体目的」で言っているときもあるので、完全に脈ありと判断はできません。

ただ、体目的であなたに近づくために言った言葉の場合、それまでの男性の行動・言動に、あなたも怪しいと感じる部分があるはずです。

ボディタッチや下ネタの話題が多かったりするのは、怪しいですよね。

ですが、体目的以外で言った言葉であれば、あなたのことを魅力的に感じている可能性が高いです。

相手の男性が「もっと話したい」と言ってくれてるいるので、たくさんの時間を一緒に過ごして距離を縮めてみてください。

男性から言われた時の返し方解説!


もし男性から「もっと話したい」と言われた場合、どう返事したらいいのでしょうか。

それは、あなたが男性に好意を持っているか、いないかで多少返事が変わってきます。

好意を持っている場合

好意を持っている男性に「もっと話したい」と言われた際は、嬉しい気持ちを伝えてください。

「楽しいよね」「もっと話したいね」など、相手の男性が言ってくれた言葉に乗っかりましょう。

いつもよりオーバーめに嬉しい気持ちを出すと、相手にも伝わるかもしれません。

「今度ご飯行こう」「LINEする」など、相手が作ってくれたいい雰囲気を、次に繋がるアプローチに変えるのもありです。

お世辞で「もっと話したい」と言う人もいるかもしれませんが、「じゃあ、もっと話そう!」と言われる可能性があるので、「早く帰りたい」「楽しくない」と考えている人は言わないでしょう。

あなたに対して恋愛感情はなくても、人として好感は持っているはずです。

なので、精一杯アプローチしていきましょう。

好意を持っていない場合

「ありがとう」と感謝を伝えたり「また今度話そう」と伝えるのが良いです。

ですが、あなたも相手の男性と話す時間が楽しいと感じているのであれば「楽しかったね」と加えて伝えてみてもいいかもしれません。

あなたが相手の男性を苦手に感じていれば「また今度」と社交辞令を伝え、濁すのがベストです。

「もっと話したい」と言う男性心理は?男性から言われた時の返し方解説!のまとめ

本記事では、以下についてお伝えしました。

  • 「もっと話したい」と言う男性心理は?
  • 男性から言われた時の返し方解説!


「もっと話したい」と言われれば、相手が誰でも嬉しいですよね。

あなたが好意を持っている男性であれば、尚更嬉しいし、期待する女性が多いはずです。

また、相手の男性も、あなたに魅力を感じている可能性も高いでしょう。

あなたと相手の男性との関係が発展するきっかけになるはずです。

恥ずかしくてなかなかアプローチできなかった女性も、これを機に頑張ってみてはいかがでしょうか。

ただ、決して誠実な男性ばかりではありません。

複数の女性に対して、同じような言葉を言う男性もいるので、一緒に過ごす時間で相手の男性がそうでないかを見極めてください。

-恋愛