恋愛

友達の紹介で付き合ったけど別れるのはダメ?報告したほうがいい?

友達の紹介で付き合ったけど別れるのはダメ?報告したほうがいい?

学校や職場での出会い以外に多いのが、友達の紹介で知り合うパターンです。

仲の良い友達だと、自分のことをよく知ってくれているので、

自分に合うパートナーを紹介してくれ、そのまま付き合うなんて流れが多いのではないでしょうか?

しかし、友達の紹介で付き合うカップルは、なかなかうまくいかないことが多いようです。

今回は友達の紹介で付き合ったけど別れてもいいのか、

また、紹介してくれた友達には報告すべきかということについて紹介していきます。

本記事では、以下について解説しています。

  • 友達の紹介で付き合ったけど別れるのはダメ?
  • 報告したほうがいい?

それでは行ってみましょう。

友達の紹介で付き合ってうまくいかない原因とは?

友達の紹介なら、相性がいいはずなのに…

なぜ、大抵のカップルはうまくいかないのでしょうか?

まずは友達の総会で付き合ってうまくいかない原因について、詳しく見ていきましょう。

  • 相手に期待しすぎてしまう
  • 友情の影響
  • 周りからのプレッシャー
  • コミュニケーション不足
  • 勢いとノリで付き合ってしまった

相手に期待しすぎてしまう

友達からの紹介だと、相手のことを知る前に良い情報をたくさん得ているので、

相手に期待しすぎてしまうようです。

そのため、付き合った後に「思っていたのと違う」と、

友達から聞いていたイメージと現実とのギャップで、別れてしまうことが多いのです。

もしかしたら、相手も同じことを思っているかも…?

友達に断りずらくなってそのまま付き合ってしまう

異性を紹介してくれた時に、「付き合うのはなんか違うな」と感じていても、

友達からの紹介だと断りづらいですよね。

そのように、友達に本音が言えず、そのまま付き合ってしまうパターンも多いです。

付き合ってから相手のことを好きになれれば、それでいいと思いますが、

大抵の方は付き合ってからもモヤモヤした気持ちが続いてしまい、罪悪感から別れを決断するようです。

周りからのプレッシャー

友達の紹介で付き合った時、相手が周りの友達からも評判が良かったら、

二人が付き合うことを全力で応援してくれます。

しかし、それが返って自分へのプレッシャーになってしまうことも…

「周りに期待されている」というプレッシャーから、付き合うことにストレスを感じてしまい、

お付き合いの関係がうまくいかないことがあるようです。

コミュニケーション不足

付き合った相手も、紹介してくれた友達と仲がいいと、

やはり何かがあったとき、一番にその友達に相談するでしょう。

そのように自分たちの間に、紹介してくれた友達が常にいる状態だと、

その友達を頼りすぎて、恋人同士でコミュニケーションをとることが少なくなってしまうかもしれません。

仲介役がいると安心しますが、二人の問題は二人で解決していくのが大事ですね。

勢いとノリで付き合ってしまった

友達の紹介で知り合った時、なんとなくいい感じの雰囲気になったから、

勢いとノリで付き合ってみた…なんて人も多いのではないでしょうか?

そのような場合は、付き合ってから熱が冷めてしまって、

残念ながら長く続かず別れてしまうことも多くあるようです。

どんな出会いであっても、自分や相手としっかり向き合ってから付き合うのが良いでしょう。

別れる時は友達に報告すべき?報告するメリット・デメリット

友達の紹介で付き合ったけど、残念ながら長く続かなかった時、

紹介してくれた友達には報告するべきなのでしょうか?

ここでは、報告するメリットとデメリットについて、それぞれポイントを押さえていきましょう。

報告するメリット

まずは、別れる時に友達に報告するメリットを紹介していきます。

  • 友情関係が気まずくなるのを防げる
  • 紹介スタイルが自分に合わなかったことが伝えられる

友情関係が気まずくなるのを防げる

「自分が紹介した相手と友達が、いつの間にか別れていた…」

となると、紹介してくれた友達は、あなたに対して気まずい印象を持ってしまうでしょう。

別れた人に、なぜ別れたかなどと掘り下げるのも気を遣ってしまいますよね。

しかし、事前に別れることを伝えておくことで、

そのように友情関係で気まずくなることが防げるかもしれません。

紹介スタイルが自分に合わなかったことが伝えられる

友達が自分にいい人を紹介してくれたのは、すごく嬉しいことですが、

もしかしたら紹介してもらって付き合うというスタイルが、

あなたにとってはストレスを感じて合わなかったのかもしれませんよね。

それを紹介してくれた友達にも伝えておくと、

友達もなぜ別れたのか納得がしやすいし、

あなたに無理やり次から次へと異性を紹介してくれることを防ぐことができるでしょう。

報告するデメリット

続いては、別れることを報告するデメリットについて、みていきましょう。

  • 紹介してくれた友達を残念な気持ちにさせてしまうかも
  • 自分のせいだと責任を負わせてしまうことも

紹介してくれた友達を残念な気持ちにさせてしまうかも

自分が紹介した人同士が付き合うと、自分ごとのように嬉しく思えますよね。

それと一緒で、別れた時も、紹介してくれた友達を

すごく残念な気持ちにさせてしまうかもしれません。

もしあなたが、とても友達思いな方なら、

「友達に残念な気持ちにさせてしまったな」と別れてしまった自分への罪悪感を感じてしまうことも…

自分のせいだと責任を負わせてしまう可能性がある

紹介してくれた友達に、別れることを伝えると、

「自分が紹介したから、このような結果になってしまったのではないか」

と責任を負わせてしまう可能性もあります。

友達が、優しすぎたり、人のことを気にしすぎるタイプだと、

余計に責任感を感じさせてしまうかもしれないので、伝え方にはとても注意がいるかもしれません。

紹介した友達はぶっちゃけこう思ってる!

先ほど、別れた時に報告するメリット・デメリットについて解説した際に、

「紹介してくれた友達に残念な思いをさせてしまうのではないか」

「自分のせいだと責任を負わせてしまうのではないか」

と、自分が別れることで紹介してくれた友達を傷つけてしまうのではないかという

心配や不安を抱いてしまった方も多いのではないでしょうか?

しかし、安心して下さい。

あなたのことを大切に思っている友達なら、ちゃんと理解してくれるはずですし、

逆に紹介した自分からのプレッシャーで、あなたがモヤモヤした気持ちのまま進んでいってしまうことも

望んでいないと思います。

友達のことは気にせず、まずは自分の心としっかり向き合ってあげましょう。

紹介してくれた友達と気まずくならないようにするためには?

紹介してもらったけど、別れてしまったとき、

紹介してくれた友達と気まずくならないようにするには、

そうすれば良いのでしょうか?

注意すべきポイントを3つ、紹介していきます。

  • 紹介してくれたことに感謝の気持ちを伝える
  • 決して友達を責めない
  • 別れたことが原因で気まずくなりたくないことを伝える

紹介してくれたことに感謝の気持ちを伝える

まずは、自分のために相手を紹介してくれたことに感謝の気持ちを持ち、

お礼をしっかりと伝えましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」といった言葉があるように、

自分のことを思って行動してくれたことに対してありがたいと思うだけで、言葉にして伝えることで、

今後もより絆が深まっていくでしょう。

決して友達を責めない

自分のせい別れてしまったのに、

紹介してきた友達が悪いんだ!と他責にするのはやめましょう。

紹介した友達も、せっかくあなたのためを思って行動したのに、

もう協力してあげたくないという気持ちになってしまい、

そのまま友情関係が気まずくなってしまうからです。

別れたことが原因で気まずくなりたくないことを伝える

あなたが別れてしまったことをとても気にしてくれる友達だと、

友達の方が気まずくなって避けられてしまう可能性もあります。

そうならないために、事前に報告する際に

別れたことが原因で気まずくなりたいということを正直に伝えておくのもいいかもしれません。

あなたから伝えておくことで、友達も変に気を使うことがなくなるでしょう。

友達の紹介で付き合ったけど別れるのはダメ?報告したほうがいい?のまとめ

今回は、友達の紹介で付き合ってうまくいかない原因や、

別れた時に紹介してくれた友達と気まずくならない方法について紹介しましたが、

いかがだったでしょうか?

友達がきっかけだったとしても、最終的には自分自身としっかり向き合い、

自分の気持ちを一番大切にしてあげることが大事ですね。

本記事では、以下について解説しました。

  • 友達の紹介で付き合ったけど別れるのはダメ?
  • 報告したほうがいい?

-恋愛